Exciteホーム | エキサイト恋愛結婚トップ | Exciteサイトマップ

皆さん、こんにちは。
白河桃子です。
出会いと結婚を目指す独身男女の皆さんに、「エキサイト恋愛結婚」現役会員の本音トークをお届けします。
恋愛成就のためのポイント解説、絶対チェックですよ!
筆者のプロフィール
白河 桃子 (シラカワ トウコ)
1961年、東京生まれ。
ノンフィクションライター。
未婚、晩婚、少子化がメインテーマで現在、結婚情報サービス業界に 注目。
著書に 『結婚したくてもできない男 結婚できてもしない女』『噂のおみー君劇場 平成お見合新事情』など。
AERA、日経ビジネスアソシエ、女性誌に執筆多数。
日経ビジネス[NB online]でキャリアとモテを両立させるための「キャリモテ!」を連載中。
記事バックナンバー
<<女性座談会>>
★初回メールでの明暗★
初回メールで返事を出したい人・出したくない人
メールのNGワード
軽すぎるのはイヤ
重すぎるのもイヤ

★彼女たちのネット生活★
サイトで睡眠不足
お断りメールは出す?
フェードアウトは人それぞれ
モテ期(?)に惑わされない

★大切なのはタイミング★
運命を感じさせる男!
会うまでのメール数
良く思われすぎないうちに
スマートな写真公開

★デートのお約束★
条件に固執するのは男?女?
初デートのエリア選び
初デートのお店選び
下準備で好印象!
すれ違いを避けるコツ
初対面で車と電車の移動はNG
別れ際もポイント高し

★デートのファッション★
清潔感!シンプル!
まずは嫌われない服装
NGファッション小物
最強は白シャツ!
服装だけではモテない
話題のクールビズ
上着と靴がポイント
電車男ファッション
結局、外見?中身?


<<男性座談会>>
女性から選びにいくべし
男性は女性のどこを見る?
女性が返事したくなるツボ
実際に会う!
初回デートで終わる理由
『年齢』にこだわりすぎ?
男性から女性へのダメ出し
奥さんのパンツは洗える?
『出会いの近道』


<<男女混合座談会>>
★ハートメール編★
男女新メンバー!
女性は男性のどこを見る?
爽やかメールの謎をとけ
体育会系はメールが苦手?
女性が思わず返信したくなるメール

★理想の条件編★
年収はどこまでポイントに?
引き続き年収のお話
王子様の年収は?
男女の『結婚への距離』

★結婚への道編★
結婚前提?でもいつする?
メールじゃなくて「言って」
頻度で『温度差』がわかる
「会いましょう」タイミング

★会うまでの道編★
相手の『動静』もチェック
写真は『気合』の入れどころ
タバコはNG???
女性から誘ったら・・・
『ターゲット』間違えてない?
入会したら○○○だった?
『出会い』にお金を払うこと
ついに、最終回!!!


■その他
まえがき
出席者さま
「モテ」とは何か?




その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「モテ」とは何か?
b0034895_12133085.gifこんにちは。白河桃子です。
さて、今週は本編の座談会はお休み。
新メンバーに入る前に、ちょっと箸やすめの恋愛講座です。


題して、「モテ」とは何か?

最近「モテ服」「モテるテク」など、「モテ」の2文字が女性誌やらメンズ誌やらに載らない週はありませんね。
今「モテ」に対して、誰もが注目しています。
というより、「モテたい!」とはっきりと言い切っても恥ずかしくない世の中になったんです。

最近、モテ男やモテ女にたくさん会って、「モテ」取材をしてて思いました。
男のモテと、女のモテは、違います。

男のモテは、「不特定多数」にモテること。
女のモテは、「自分のねらった相手を必ずモノにすること」なのです。

女性で「好みのタイプじゃない人にモテる」人は、決して自分のことを「モテる」とはいいません。「モテないんですぅ」と嘆くけど、「ウソでしょ?」と思うような人は、だいたいこのタイプ。究極は、「たったひとり」の人に愛し愛されたいのが「女心」ですから。

男性だって、「別にいいんだ。モテなくても。ただひとりの女性だけにわかってもらえれば」という人もいます。私も、「ただひとりのパートナー」を求める人と、モテ企画は相容れないものなのかなーと思ってもいたのですよ。


しかし、しかしです。
モテ男女の取材をして気がつきました。

「モテ」とは「人間力」である! ということを。
モテる人は男女限らず、まず「人間関係」の達人なのです。

モテる人は、

 1. 相手のニーズを汲み取る共感力がある
 2. 自分を客観的に把握している
 3. 自分と相手の関係を進展させる「戦略性」がある


のです。

恋愛したければ、まず「自分をわかってほしい」ことよりも、「相手が今何を望んでいるか」に集中するのが、モテの達人。
できる「営業マン」みたいなもの。相手のニーズを合コンの、デートのあいだ中、全力でサーチしています。

また、自分がどんな相手に、どんな風にアピールできるのか、自分の強み弱み、得意分野、を把握しています。マーケティングをしているんですね。
だからモテる人は、自分が「ここでモテる。こういう人にモテる」というマーケットを、きちんと把握して、そこにいくのです。

さらに、相手に自分の気持ちを伝える、または相手を自分に振り向かせるために、様々な戦略を用います。

例えば、お礼メールひとつにしても「ムダ打ちはしない」。
メールの最後に「?」のつく文章で、相手から返事を出しやすいようにするとかね。

または、メールはまめにだしても、電話はしないとか。
メールの返事はすぐには出さなくても、あとでフォローとか。
みんな独自のルールを定めています。

これを「無意識」の本能レベルでやれる人は、生まれついての最強の天然「モテ」。
痛い思いをして経験則から導き出した技を駆使する人は、「モテ」達人となるのです。

「モテ」技を小手先のもの、表面だけのものとバカにするなかれ。

「モテ」を知る人は、「おとな」です。
経験値が高いのです。


人間が「練れている」ので、「転職」や「仕事」にも強い。
モテは、実は男女関係のことだけではなく、すべての「人間関係」を円滑にする技(!)でもあるんです。

だから、「いつかただ一人、私を(僕を)わかってくれる人が現れたら、全力を尽くそう」なんて、みみっちい考えは捨てましょう。

さぁ明日から、すべてはモテのレッスンです。
異性だけじゃなく、近所のおばあさんにも、子供にも、家族にも、友達にも、「モテる」ように心がけましょう。

つまりは想像力。
相手が何を望んでいるのか、考えてみてください。

何を言われたいのか?
何をしてもらったら気持ちがいいのか?

その人と対峙するときに、全力でサーチしてみてください。
それが自然にできるようになったら、異性との関係も絶対にスムーズにいくようになるのです。


「モテ」は恋愛だけではなく、
「人間関係力」なのです。




■ 今週のひと言 ■ 
「わかってほしい!」よりも、「わかろうとすること」がモテへの近道ですよ。
[PR]
by kekkon_zadankai | 2005-07-22 12:33 | 箸休めの恋愛講座
<< 会員: シマオさん 結局、外見?中身? >>


Copyright 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 | BB.excite - Woman.excite - エキサイトホーム